5営業日目

 南越谷小学校の登校日ということで、本日の参加は3名でした。

 午前中は5年生2名。小学校の登校日の関係で先週と入れ違いとなった為、授業内容は先週と同じです。プログラムの構造についての説明を行い、生徒にプログラムを読ませてどの命令がどのような効果を及ぼしているか予測させて、プログラムの改造を行っていきます。

 子供は欲張りなので、自分のイメージしたプログラムを一度に全部実装しようとします。そして途中の確認を面倒くさがります。(まぁ、大人も同じなんですが…)

 しかし世の中上手くいかないもので、一度に多くの実装を行うと、動かなくなったときにどこがまずかったのか分からなくなってしまいます。泣く泣く、一つ一つのプログラムを消していき、上手く行っているところからやり直しです。

 このような体験はプログラマー的には「あるある話」であり、誰もが通る道なのです。

 午後は3年生1名。今月から入会となりました。写真が先週と同じですが、これは写真を撮り忘れた為です。

 課題としてはタッチタイピングを行い、先週に引き続きシューティングゲームの改造を行っています。5年生と同じ課題で少し難しい部分もありますが、とても意欲的に取り組んでいます。

 60分間集中力を途切れさせることなく、プログラムの構造や動作の理解を深めて「ボスキャラ復活」と「分身の術」を実装しました。