4営業日目

 蒲生小学校の登校日ということで、本日の参加は3名でした。

 午前中は5年生2名。写真はタッチタイピングに取り組んでいるところです。

 引き続きシューティングゲームの改造を行っています。プログラムの構造について解説を行いながら、どの命令がどのキャラクターのどういう動きに影響を与えているかをプログラムを変更しては動作を確認しながら学びました。

 「自機残数」や「得点」といった画面に現れる変数の操作については教えなくても分かるようですが、「メッセージ送信/受信」や「内部変数の初期化」については解説がないと難しいようです。(それぞれ難しい概念だったり実装するタイミングの難しいところだったりするものなので、解説なしで理解出来るようなら私の立場がないのですが…)

 トライ&エラーを繰り返しながら、自分の思うようなキャラクターの動きが出来るよう少しずつ理解を深めていけたら良いなと思っていますし、実際に子供たちは悩みながらも楽しく学んでいるようでした。

 午後は3年生1名で、2回目の体験。前回5年生がやっていたScratch(スクラッチ)のシューティングゲームに興味があるとのことで、5年生と同じ課題にチャレンジ。

 ゲームとしては単純なのですが、プログラムとしては結構難しいです。だがしかし、ものすごい集中力で5年生と同等の課題に挑み、見事オリジナル(!?)の武器「ロンギヌスの槍」を実装しました。